注文住宅で理想の住まい~オーダーハウスで魅力の生活~

不動産

完成するまで

一軒家

注文住宅を建てるためにはある程度の期間を必要とします。注文から完成までの流れについて前もって把握しておくとその期間を短くする事につながるかもしれません。注文住宅を購入すると決めた場合、まずどのような家を建てたいのか、インターネットや雑誌などを見て決める必要があります。また、家を建てるために必要な土地があるかも確認しましょう。住宅の希望や土地が正確に決まり次第、資金計画を行います。住宅ローンや、借入金等の金額を計算して、無理の無い予算を決める必要があります。住宅の建設に掛かる費用だけ計算するのではなく、引越しの費用やその他の費用が掛かることを忘れず計算する事が大切です。その後、土地の購入や施工業者を決めます。まず購入する土地の契約書を確認して契約する事が大切です。地盤の調査を行うため、その土地についての情報を前もって把握しておく必要があるからです。土地を購入する時はすでに、あらゆる工務店や建築家の中から依頼先を決めておくことが大切です。

あらゆる契約後、実際に工事が始まります。工事が始まったら実際に工事の見学を行いましょう。注文住宅に対する要望の追加等があれば、この際に伝えることもできます。ただ、工事の状況によって要望が受け入れられない場合もあります。工事によっては周りの住宅に迷惑の掛かる場合もあるため、その周辺状況も確認することが大切です。工事後、引き渡しとなります。引き渡された後、もしトラブルのあった場合はすぐに注文住宅の建設を依頼した業者に問い合わせて確認する事も忘れず行いましょう。